ゼロウェイスト

ゼロウェイストに興味を持ったらフォローするべきインスタアカウント

この記事では、「Instagramでゼロウェイストに関わる情報を発信しているアカウントにはどのようなものかあるのか」という疑問に答えます。

Instagramは貴重な情報収集元

ゼロ・ウェイスト運動は、日本では徳島県上勝町などが地域を挙げて推進していますが、個々人で実践している人はまだ少ない印象です。

そんな時に役に立つのがInstagram。

海外ではどんなトレンドがあるのか、また、日本ではどのようにゼロウェイストを実践すれば良いのか、といった情報を得ることができます。

この記事では、

  • ゼロウェイスト活動をしている、国内外のオススメのインスタグラマー

を独断と偏見でご紹介します。

Megean Weldon

この投稿をInstagramで見る

Sustainable living is NOT a “one size fits all.” Sorry but it’s not. Not even a one size fits most. As an educator, I feel it’s imperative that I come up with or show you multiple ways to reduce our impact because our lives are all completely different. Inclusivity is important especially when we are discussing the environmental impact of our species. One way to reduce our waste or impact is not THE way. Keep trying and keep setting realistic goals for you. If something is not attainable for you, stop worrying about it and focus on your controllables. That’s all we can really do, right? Our best? YES! Love you all! ❤❤❤ What’s a #zerowastewin you’ve had?

Megean Weldon(@zerowastenerd)がシェアした投稿 –

Megean Weldon(@zerowastenerd)はカンザス・シティ在住のゼロウェイスター。

An (Almost) Zero Waste Lifeという著作も出しているようです。

Zero Waste Tipとして、ゼロウェイストの簡単な実践方法を画像で紹介してくれています。

おしゃれでありながらも、良い意味でどこか生活感がある写真が多いのは、彼女が日々の生活の中でゼロウェイストを実践しているためでしょう。

Jonathan Levy

この投稿をInstagramで見る

I did it! I summited Mauna Loa, the World’s largest (and still active) volcano! . This hike was one of the most difficult things I have ever done. It reminded me of the time I ran the LA Marathon, except it took me twice as long, there were no water refill stations or people handing out snacks, and no one cheering me on. Literally no one. I was the ONLY person to summit that day! . There is something special about hiking above the clouds with nothing more than my thoughts and the sound of my boots crunching over lava. . I think it’s important to take on a challenge like this, because reminds me of a few things: . 1. Setting goals that challenge me physically and mentally feel great once completed 2. It’s a reminder that I am pretty small in the grand scheme of things; Mother Nature was in charge while I was on that mountain . Do you like to hike? Have you had a similar experience being in complete silence and solitude? What did it feel like? . Check the link in bio for a detailed trip report. . #zerowaste #optoutside #maunaloa #thebigisland #hawaii

Jonathan Levy(@zerowasteguy)がシェアした投稿 –

Jonathan Levy(@zerowasteguy)は、インスタグラマーの中でもより「リアル志向」な印象があります。

つまり、ゴミ捨て場の状況や、まだ食べられる食品がどれだけ多く捨てられているのかをカメラで捉えた、現在に警鐘を鳴らすポストが多め。

プラスチック製品を避け、ガラス瓶やステンレス製品をスマートに使うポストが多いゼロウェイスト界のインスタグラム。その様子は、一見するとちょっと優雅でもあります。

でも、何のためのゼロウェイストで、実際の社会の状況はどうなのか。

そんなゼロウェイストの原点を思い出させ、ゴミを減らすモチベーションを上げてくれるアカウントです。

The Plastic Free Student

この投稿をInstagramで見る

I don’t believe in the plastic straw ban, and let me tell you why. — Plastic straws were born out of a NEED, and have since evolved into a “fun“ product to make the modern consumers experience slightly easier. The latest push to ban single-use plastic straws is well-intentioned but does not take into consideration that such straws are a tool disabled people rely on, rather than a turtle-killing, ocean polluting object that can easily be done away with without impacting consumers. In addition straws are only a drop in the ocean in terms of pollution (pun intended). Almost 46% of plastic pollution in the ocean comes from fishing nets. Yes there are over 8.3 billion straws currently located on coastlines across the globe, accounting for 0.03% of plastic pollution if it was suddenly swept into the ocean. The duty is on abled bodied consumers to change their habits because removing something so vital for millions of people across the earth, disadvantages those who are already marginalised heavily within the community. — I’d love to hear your opinion🌱

The Plastic Free Student(@the_plastic_free_student)がシェアした投稿 –

イギリスに住むThe Plastic Free Student(@the_plastic_free_student)は、10代の若いゼロウェイスター。

学生さんとあって、ランチボックスやリュックの中身などが紹介されています。

キャプションも情報量が多く、できることから実践していこうとする姿勢がとても勉強になります。

高校生や大学生でゼロウェイストに取り組む方に特にオススメ。

Zerowaste.Japan

この投稿をInstagramで見る

Make your soap holder! Swipe 👉 Make your own soap holder to reuse your bottle cap ! Keeps the soap off the counter and it doesn’t stick to anything. It keeps your soap dry and handy. It is simple and easy to install. No more mess🌱 . . #zerowaste #zerowastehome #zerowastelife #zerowastelifestyle #zerowasteliving #zerowastetips #zerowastegoals #plasticfreeliving #nosingleuseplastic #greentips #ecotips #zerowastejourney #ecofriendlyliving #wastefreeliving #sustainableliving #plasticfreeparent #gretathunberg #SDGs #环保 #減塑生活 #零垃圾生活 #环保 #제로웨이스트 #zerodechet #нольотходов #ゼロウェイスト #fridayforfuture #plasticfree #プラスチックフリー #refusesingleuse #reusereducerecycle

Zerowaste.Japan(@zerowaste.japan)がシェアした投稿 –

8.8万フォロワーを誇る日本のゼロウェイスター、Zerowaste.japan(@zerowaste.japan)。

家族4人の暮らしの中で、ゼロウェイストに向けた取り組みを投稿されています。

外国人向けに発信しておられるので、投稿は基本的に英語。

様々なDIYのほか、風呂敷の活用法など、日本ならではのゼロウェイストの方法も紹介されています。

ワタナベヨシエさん

この投稿をInstagramで見る

. また#たまご のお話 たまごの殻って毎日でる もったいないなー . 【たまごの殻再利用】 充分に乾かした「たまごの殻」 細かく砕きます なかなかスポンジが届かないものをキレイにしてくれます 水筒や・花瓶洗いにに使っています . 「たまごの殻」 「重曹」 「少しの水」 . あとは、シャカシャカ振ります すすいで終わり これで、内側の汚れと水アカがすっきり . 前は水筒用のスポンジを使っていましたがなくてもこの洗い方で満足しています . #エコ#エコライフ #脱プラスチック#リサイクル#再利用#無駄なし#暮らし#暮らしを楽しむ#暮らしを整える#日々#日々の暮らし #エシカル#ゼロウェイスト #地球に優しい #環境に優しい #プラスチック削減 #プラスチックスマート #洗剤いらず #ゴミ削減#暮らしの知恵 #シンプルな暮らし #シンプル#秋田

ワタナベヨシエ(@kurashi_no_te)がシェアした投稿 –

ワタナベヨシエさん(@kurashi_no_te)は、2人の男の子のお母さん。

プラスチックフリーやゼロウェイストを楽しく生活に取り入れる工夫を発信されています。

その内容はまさに「生活の知恵」。

たまごの殻を再利用したり、野菜を干したり、ゴミ拾いをしたり・・・といった丁寧な暮らしぶりの中から、自分でも実践できる何かが見つかるはずです。

Akiraさん

この投稿をInstagramで見る

. 【マイストローとマイタンブラー🥤】 勉強をしにスタバに行くことが出かける前から前に決まっていたので、タンブラーとストローを持って行きました🌿 店員さんにこのかわいいタンブラーどこのスタバで買ったんですか?!って褒められた😂🇰🇷(かわいい上に保温性保冷性あり🙆‍♀️) ぱっと見プラのこのストローは、実はハンズで購入したアルミ製のリユーサブルマイストロー。プラ製より飲み物冷たく飲めてお気に入り! たかが20円びき、されど20円びき。 考え方は人それぞれだけど、私はプラごみも出さず環境に優しいし安くなるしで良いことづくしだと思うな〜🌎😋 ちなみに新作のフラペチーノはショートケーキみたいな味がして美味しかった🍰🎄 . #starbucks #스타벅스 #スタバ #スターバックス #コーヒー #coffee #ecofriendly #脱プラ

Akira(@tips.from.japan)がシェアした投稿 –

地球に優しいアクションを発信しているAkiraさん(@tips.from.japan)は、大学生。

スターバックスにマイタンブラーを持って行ったり、ランチをコンビニで買わずに持参したりといった、大学生活の中でのアクションが参考になります。

また、使い捨ての容器を使い続けているタピオカ店への問題提起など、若者ならではの視点を得ることができて面白いです。

エコかつおしゃれでもあるAkiraさんの取り組みは、多くの大学生に影響を与えることができるのではないかと期待しています。

grunty

この投稿をInstagramで見る

だいぶ前に購入したティーストレーナー。 ・ これがあれば、ティーバッグと同じ感覚で紅茶を飲めるので助かっています。 ・ 紅茶の量り売りができるところ、ご存知の方いたら教えてください…(コーヒーは量り売りだけど紅茶ってあまり見ませんよね) ・ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ #zerowaste #zerowastehome #zerowastelife #zerowastelifestyle #zerowasteliving #zerowastetips #zerowastegoals #zerowastejourney #ecofriendlyliving #wastefreeliving #sustainableliving #plasticfreeparent #gretathunberg #SDGs #环保 #減塑生活 #零垃圾生活 #环保 #제로웨이스트 #zerodechet #нольотходов #ゼロウェイスト #環境問題 #プラスチックフリー #refusesingleuse #breakfast #朝ごはん

grunty(@zero_wastejourney)がシェアした投稿 –

上記の方々の取り組みが素晴らしすぎて、フォローするのにも気が引ける…という方は、私、grunty(@zero_wastejourney)のアカウントなどいかがでしょうか(宣伝)。

まだまだ出来ていることは少ないですが、日々のささやかな取り組みをアップしています。

まったくSNSに慣れていないので、探り探り運用している状況ですが、Instagramのアカウントでも役立つ情報を発信できれば良いなと思っています。

よろしくお願いします!

ゼロウェイストの取り組みを発信しよう

もし、ゼロウェイストに興味があるなら、個人的な活動をSNSでシェアしてみることをオススメします(既存のアカウントでも、新しく専用アカウントを作っても)。

レジ袋を断ったとか、マイボトルを使ったとか、小さなことでも良いと思います。

人は自分に似ている人から影響を受けやすいので、きっと周りの人の刺激になるはず。

また、これは個人的に感じたことなのですが、SNSでゼロウェイストへの取り組みをシェアすると、モチベーションの維持にも役立ちます。

幅広い情報が得られるInstagramを活用しながら、ゴミを減らすアクションに繋げていけたら良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です