ゼロウェイスト

【東京近郊ゼロウェイストショップ探訪】藤沢のエコストアパパラギさん

なるべくゴミを少なくするゼロウェイストな暮らしを目指しているgrunty(@zerowastegrunty)です。

神奈川県に出向くことがあったので、ずっと行ってみたかったプラスチックフリー&量り売りのお店「エコストアパパラギ」さんを訪れてみました。

2019年5月にオープンしたお店です。

プロダイバーである武本匡弘さんが中心となって作ったお店で、プラスチックフリーとゼロウェイストを目指してらっしゃるそう。

豊富な量り売り商品

エコストアパパラギの外観画像

エコストアパパラギはJR東海道線/小田急線の藤沢駅近くにあります。外観はこのような感じ。

ストアの奥にはご家族で営業されている、環境に配慮した住居を紹介する「エコライフ不動産」も併設されていました。

中に入ると、店員さんが気さくに声をかけてくださいます。

エコストアパパラギの店内画像

おいしそうなハーブティーやパスタ、ドライフルーツ、お菓子などの量り売りの瓶が並んでいます。

海を汚さない洗剤の量り売りもありましたよ。

持参した容器に欲しい分だけ詰めて、重さを測ってお会計という流れです。

有料の紙袋も用意されています。

せっかくのゼロウェイストショップなので、基本的にはタッパーでもガラス瓶でも布袋でも、容器持参で行くことをおすすめします。

エコストアパパラギの店内画像

昆布やひじき、ソイミートなどの乾物も並んでいましたよ。

乾物の量り売りに挑戦

エコストアパパラギの店内画像

今回は「有機ジャックの豆ミートナゲット」(5円/g)を購入してみることにしました。

水で戻すと、お肉のように使えるそうです!

ミートレスマンデーの日に良さそう。

週1回だけの菜食主義。「ミートレス・マンデー」のススメ

エコストアパパラギの店内画像

まずは容器の重さを測ります。持参したスタッシャーもどきのシリコンバッグは85g。

エコストアパパラギの店内画像

トングで容器に大豆ミートを詰めていきます。

量り売りのお店で持参容器に商品を入れる瞬間、いつも興奮しますね。もっとこんなお店が増えて欲しいです。

乾物なのでかなり軽い…!どんどん詰めてしまいます。

エコストアパパラギの店内画像

重さはレジで自己申告するか、複数購入する場合はメモ用紙にそれぞれの重さを書いて渡します。

このメモ用紙もコピー用紙の裏紙!細かいところにゼロウェイスト・ソウルを(勝手に)感じます。

3円/gとお手頃だったので、だし昆布も追加で購入しました。

だし昆布は、販売元の方自ら「量り売りをしたい」と提案された商品だそうです。

ソイミートが6〜7個で195円、昆布が3〜4枚で99円でした。お安い。

ソイミートはおすすめされていた生姜焼きでいただきました。

もちろん肉ではないので豚の生姜焼きとは少し違いますが、

中が層になっているのでよく味が染み込んで、歯応えもしっかりしていて、とてもおいしかったです!

もっと買っておけばよかった。

プラスチックフリーなエコ商品もたくさん

エコストアパパラギの店内画像
エコストアパパラギの店内画像
エコストアパパラギの店内画像
エコストアパパラギの店内画像

そのほか、店内には調理道具や文房具、ベジタリアン食品、洗面用具などプラスチックフリーなアイテムがたくさん。

どれもこれも試してみたくなるような品揃えでした。

藤沢に住んでいる人が羨ましい。

オリジナルのマイボトル購入

実は誕生月だったので、パートナーがプレゼントとしてパパラギさんオリジナルのマイボトル(350ml)を買ってくれました。

エコストアパパラギオリジナルマイボトル

う、うれしい。

パパラギさんは給水スポットにもなっているので、購入後すぐに水を補充してくださいました。

うれしい。

似たような形のステンレスボトル(600ml)をずっと使っていたのですが、まあまあ大きいので「少しそこまで」のときに持ち運びにくいのが難点でした。

大きさから持ち運びを断念し、スーパーなどで買い物しているうちに気分が悪くなって、結局紙パックのジュースを買ってしまうこともしばしば…(もともと貧血体質なもので)

でもこの形状の使い勝手がものすごく良いので、遠出するときには重宝しています。

パッキンがないので洗うのが楽だし、この取手の部分が地味に持ち運びに便利でして。


エコストアパパラギオリジナルマイボトル

なんとこちらはスクリュー部分までオールステンレスです。

エコストアパパラギオリジナルマイボトル

購入時にもらったオリジナルステッカーを貼ってみました。理想的なマイボトルに出会えて大はしゃぎです。

新品で購入したので、もちろん長く使わなければ意味がありません。

ステンレスボトルの場合、500回は使わなければペットボトルなどのプラスチックボトルよりも環境負荷が大きくなります。

使い捨てカップでコーヒーを飲む場合と比べても、マイボトルを使う場合は20〜100回は繰り返し使わなければ製造にかかる温室効果ガスの排出量を相殺できません。

買ってもらったからには今後30年を目標に使い倒したいと思います。パートナーありがとう!

こちらのボトルはパパラギオンラインストアでも購入可能です。

エコストアパパラギ 特選 通信販売

セミナーや観察会などイベントも多数

エコストアパパラギさんでは、気候変動や海洋プラスチック問題に関するセミナーをはじめ、

ヨットでの海洋(マイクロプラスチック)観察会など、さまざまなイベントを運営されています。

どれもとても面白そうなので、興味がある方はぜひ参加されてみては。

私は残念ながらこれから里帰り出産のためしばらく参加ができないのですが、

パートナーが「行ってみようかなあ」と呟いていましたので、うまいこと行ってもらうことができたらまた記事にしますね。

店員さんも、創業者の武本さんもとっても気さくで素敵なお店でした。

また近くに来た時は立ち寄ってみたいと思います。

ブログ紹介も承諾していただきありがとうございました。

エコストア パパラギ

神奈川県藤沢市鵠沼石上1-3-6
10:00-17:00
定休日:水曜日
https://ecostorepapalagi.com/

量り売りで買い物をしてみたい、量り売りのお店に行ってみたい!と思った方は、

グリーンピース・ジャパンが運営する「ごみを出さないお買い物マップ」を覗いてみてください。

ごみを出さないお買い物マップ グッバイ・ウェイスト

量り売りのお店や、容器を持参できるお店など、ゴミを出さない取り組みをしているお店が登録されています。

検索はもちろん、近所のお店の登録もできますよ。

ランキングに参加しています。押していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村

コメントを残す