ゼロウェイスト

週1回だけの菜食主義。「ミートレス・マンデー」のススメ

環境問題について調べると、無視できないのが「畜産」の影響。

ベジタリアンやヴィーガンになる方が環境に優しいとは思いつつ、なかなかそこまでの覚悟を持てずにいました。

そんな中、Meatless Monday(ミートレス・マンデー)という運動があることを知りました。

週1回、月曜日だけお肉を食べない日を作ろう、というゆるやかなもの。

肉好きな私でもこれなら出来そうだと考え、生活に取り入れることにしました。

なぜ、菜食主義になると環境負荷を減らせるのか

植物性食品の生産と比較すると、牛や豚、鶏や魚の飼育には多量のエネルギーと資源が必要です。

  • 放牧の土地を確保するための森林伐採
  • 使用水量の多さと、水質汚染
  • 牛の「おなら」と「ゲップ」による温室効果ガス(メタン)の排出

などが問題になっています。

一言で言えば、「動物性食品は環境コストが高い」ということになります。

特に牛が排出するメタンガスは、気候変動にとって、二酸化炭素の23倍もの影響があると言われています。

車の利用を控えるより、畜産をやめる方が地球温暖化に効果的だったりするわけです。

私のように「完全ヴィーガンやベジタリアンになることは難しい・・・」という人たちでも、ミートレスマンデーのような運動を通じて肉食を少しでも減らせば、環境負荷を軽減することができるかもしれません。

とても小さなインパクトかもしれませんが、1000人が完璧なヴィーガンになるよりも、1万人が不完全でも肉の量を減らすことの方が影響力はあるはず。

ゼロウェイストと同じですね。

 

ミートレスマンデーのルール

ルールはシンプルです。

月曜日だけは肉を避けた食生活を送ること。

卵や乳製品など動物性の食品を一切摂らない「ヴィーガン」は、私にとっては週1日でもハードルが高いので、当面は

  • 牛肉、豚肉、鶏肉(ベーコンやハムといった加工肉も含む)などの肉を食べない
  • 魚もなるべく避ける

というルールにしています。

これくらいの緩さであれば、普段はお肉から献立を考えているような私でも、ほとんど苦労することなく取り入れることができました。

また、ミートレスマンデーを実行した翌日の火曜日は体が軽く、疲れにくいと感じます。

普段はお肉の消化に体力を使っているのでしょう。

健康のためにも、週に1度、野菜中心の食事内容にすることは良い習慣かもしれません。

 

ミートレスマンデーにおすすめの食材

高野豆腐の照り焼き
もやしとピーマンの炒り豆腐

個人的なオススメは、「厚揚げ」や「高野豆腐」などの豆腐製品です。

炒め物に入れればボリュームアップするし、しっかりと味付けすれば満足感を得られます。

逆に、活用が難しかったのは「お麩」。

「お麩のピカタ」なるものを作ってみたのですが、お麩の特性を理解していなかったためか、はちゃめちゃに不味い代物が出来上がってしまいました・・・

週1回の肉なし生活に取り入れるなら、馴染みのある食材を使ってボリュームアップを狙う方が失敗が少ないと思います。

慣れてきたら大豆ミートなんかも試してみたいですね。

 

きっかけがあれば、ゆるく始められる

高いところが好きな牧場の子ヤギ
たそがれる2頭の牛

なんだか色々と書いていきましたが、私も「環境のためだ!レッツミートレス!」とすんなり始めたわけではありません。

環境への影響は知りつつも、「自分では何も出来ないな。肉好きだし、栄養あるし」と思っていて、ゼロウェイストを始めてからも食生活に関しては変化がありませんでした。

今回、少しでも行動を起こそうと思ったきっかけになったのは、牧場見学に行ったことです。

ダチョウや豚、鶏、ヤギなどを飼っている牧場で、小屋に入って直接餌をあげたりお世話をしたりすることができました。

動物たちはよく人に慣れていて、頭をこすりつけてきたり、餌をねだってきたり、とても可愛らしかったです。

後日、「ダチョウ可愛かったな〜」「楽しかったな〜」と思いながら牧場について調べていると、その牧場の家畜たちのほとんどが食肉として出荷されていることを知りました。

考えてみれば当たり前のことなのですが、ショックを受けてしまいました。

知識として知っていたはずなのに、毎日他の動物の命を食べているという自覚がまったくなかったことに気づかされました。

そこで初めて、「もしかしたらベジタリアンになれるかも」と考え、菜食について調べた結果、私でも始められそうなミートレスマンデーを知りました。

つまり、実際に行動を起こすには、何かしらの感情を伴う経験が必要なのだと思います。

知識だけでは、なかなか「肉を食べないようにしよう」とまでは考えられません(そういうことができる方もいますが)。

それくらい肉食は私たちの生活に強く結びついていて、食文化としても栄養素としても「不要!」とは言い切れないもの。

何が言いたいかというと、無理にミートレス・マンデーを実行する必要はないし、実行しない人たちを貶めたりする必要もないということです。

と言っても週1日だけなので、気負わずカジュアルに楽しんでみたら良いんじゃないかな!

肉なしで献立を組み立てるのはなかなか面白いですよ。

 

クリックして応援していただけると嬉しいです。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村

2 Comments

  1. はじめまして。
    僕はお肉大好きですが、
    うちの奥さんが、結婚後あるきっかけから
    お肉を食べられなくなってしまったので、
    僕も自然と肉なしメニューになってたり
    するときがあります。
    環境問題まで考えていませんが、
    身体のことを考えてバランスよい食事をとりたいと思います。

    1. 初めまして。
      本当にきっかけは人それぞれですよね。
      最初は私も慣れなかったのですが、お肉を減らすと身体は楽だなと感じるので、健康には良いのかもしれません・・・!
      おっしゃる通り、バランスが大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です