DIY ゼロウェイスト

【手縫いOK・画像で解説】大人用手作り立体布マスクの作り方【プリンター不要】

コロナウイルスの影響により、深刻なマスク不足が続いていますね。

私はゴミを減らすゼロウェイストに取り組んでいることもあり、布でマスクを手作りしました。

型紙を印刷するプリンターもミシンも不要。

手芸初心者・手縫いでも簡単にできる作り方をシェアしたいと思います。

 

立体布マスクの出来上がりイメージ

 

こんな感じのものが出来上がります。

これはミシンで作ったものですが、手縫いでも十分できます。(手縫いで作ったものも3個持ってます)

縫い目が気になるようでしたら、布と糸の色を合わせてください。

 

 

着用するとこのような感じ。鼻〜顎までしっかりと覆うデザインです。

 

材料

必要な材料は以下になります。

  • ダブルガーゼ生地
  • 縫い針と糸
  • まち針かクリップ
  • 丸ゴム
  • チャコペン(なければ鉛筆や水性ペン、石鹸のかけらなど)

今回はダブルガーゼ生地で製作しましたが、通気性の良い布であればガーゼでなくても良いと思います。

型紙を作る

まずは型紙を作っていきます。

型紙は紙であればなんでもOK。チラシや裏紙を活用しましょう。

布に直接描いていっても良いですが、同じ形の布を4枚作るので型紙があった方が便利です。

最終的にはこんな感じになる予定です(八王子市広報の裏紙・・・)↓

 

こんな設計図です↓(大変申し訳ありませんが上下逆に描いてしまいました・・・)

ダブルガーゼで作る場合は縮みやすいのでこの型紙にしますが、普通のコットン生地だと1cmずつ小さくしてちょうど良い感じです。

ちなみに絵描き歌?形式に型紙を作ってみると、以下のような感じになります。

まず18.5cmの縦線を引きます。

 

縦線の上から5.6cmの位置から、13.5cmの横線を引きます。

 

頂点同士を繋げて三角形にします。

 

三角形の右の頂点から、8.5cmの縦線を引きます。

 

16.5cmの横線を引きます。

 

右の縦線の上から4.2cmの高さから、18cmの横線を引きます。

一番上の横線を3.8cm延長します。

 

左の縦線の端から右に1cmの位置に印をつけておきます。

横線の左端〜先ほどつけた印の部分を緩やかに結びます。(実際はイメージ図よりもっと緩やかなカーブになるはずです)

印部分と右の縦線の下端を緩やかに結びます。

青枠部分で切り取ります。型紙完成!

下側が顎部分です。少しわかりにくいので印をつけておくと作りやすいです。

先にも述べましたが、ガーゼは縮みやすいので、あえて大きめの型紙にしています。

顔が小さめな方は1・2センチずつ小さくしても良いと思います。

※市販の立体マスクを持っていたら、形をなぞって型紙にしてしまう手もあります。

 

型紙に合わせて布をカットする

型紙に合わせて布をカットします。

4枚作ってください。

 

チクチク縫っていく

 

2枚ずつ重ね合わせます。

 

 

まずは赤線部分を縫っていきます。なみ縫いでOK。

縫いしろは1cmくらい。こんな感じになります↓

 

 

次に、二つの布を開いて重ね合わせます。

 

 

縫いしろがない方の面同士をくっつけて、まち針かクリップで留めます。

 

 

赤線部分を縫っていきます。

縫いしろはアイロンで割っておくと綺麗に仕上がります。

が、私はズボラなので割りません・・・縫うときに、こんな風に開いておくようにすればOKです。

 

 

縫い終わると以下のような感じになります。

 

 

端の方から布を裏返します。

ゴムを通す部分を3つ折りにしてまち針で留めます。赤線部分を縫っていきます。

 

 

裏側の生地が表にずれて出てきてしまうのを防ぐため、上部に押さえステッチをします。

 

 

気にならなければこの工程はスキップしてもOK。

手縫いの場合は返し縫い(バックステッチ)で良いと思います。

 

 

このような感じになります。

 

 

最後にゴムを通して、自分の顔に合わせてサイズを調整したら完成!

ガーゼは洗うと縮むので、私の場合は

出来上がってから水洗い→乾かしてからゴム通し、という順にしています。

この辺りはお好みで。

刺繍を入れたりしても可愛いですよ。

使ったマスクは洗ってからスチームアイロンをかけています。

使用済みマスク・未使用マスクを分けて入れられるマスクポーチの作り方もシェアしているので、よかったらご覧ください。

 

布マスクに予防効果はあるのか

布マスク作成にあたり、その効果のほどを調べたのですが、やはり不織布マスクには及ばないよう。

とは言ってもコロナウイルスに関しては今のところ空気感染をするわけではなく、飛沫感染や接触感染が主な原因とされています。

(感染者のくしゃみ・咳などで飛び散った唾液を吸い込んだり、ウイルスがついた手指で目や鼻、口などに触れることで感染する)

なので、ガーゼなどで作った布マスクであっても

  • 自分がコロナウイルスにかかっていた場合、周囲への飛沫を防ぐことができる

という感染拡大防止の意味で付けておいたほうが良いんじゃないかなーと思っています。

予防としては、マスクよりは「こまめな手洗い」の方が大切な気がしております。

布マスクをつけることで喉が保湿されるので、単純に風邪の予防にはおすすめです。

One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です